1. TOP
  2. スタッフブログ
  3. [白斑の方へ]ダドレスとカバーマーク オリジナルの併せ使い
こんにちは!

銀座センターインストラクターの長尾です。

白斑のご相談の時によく頂く質問があります。


「自分の場合は、カバーマーク オリジナルとダドレスと、どちらが向いていますか?」

症状をきちんとカバーできて安心して使えるのはどの製品?
ということですが、これは非常に大事な質問です。



もし、白斑が目の周り(特に粘膜付近)にあったり
アルコールにアレルギー反応が出る方ならば
カバーマーク オリジナルの方が向いていますが

それ以外の部位にお使いならば、カバーマーク オリジナルでも、ダドレスでも
どちらもご利用可能です。



以前、「ダドレス」という製品とは何か?
というお話をしました。
https://www.medical-makeup.net/column/1316.html

ダドレスは、白斑や色素脱失の「白くなった部分」に塗ると、
褐色で「白さが目立たなくなる」色が着色する肌色着色料です。

角層という、皮膚の表面部位に色が染まり、約2~3日間
洗っても擦っても落ちない着色効果が持続しますが
皮膚が垢になって落ちるスピードと共に、染まった色も
一緒に薄くなっていきます。

ということで、ダドレスの着色が薄くなってきたタイミングで
2つの選択ができるんですね。

①ダドレスを塗り足して着色を復活させる。
②カバーマーク オリジナルを重ねて不足した色を補う。


例えば、前提として、下記のようなご希望がある場合に
どちらがメインに選ばれるかの傾向がありますのでご参考までに・・・


 〇絶対に洋服への色移りを避けたい⇒ダドレス
 
 〇短時間ですぐに完成させたい⇒カバーマーク オリジナル

 〇1つの製品だけで何とかしたい⇒ダドレス

 〇肌色のリアルな完成度を重視したい⇒カバーマーク オリジナル

 〇素肌感を大事にしたい⇒ダドレス

 〇かぶれやすい部位にも使いたい⇒カバーマーク オリジナル
  (※または、肌が過敏な部位)
 〇化粧を落としても着色を残したい⇒ダドレス+カバーマーク オリジナル

 〇治療のタイミングで使い分けたい⇒ダドレスorカバーマーク オリジナル


白斑でお悩みの方は、ぜひ一度お問い合わせください。
ご自身に合ったベストな方法を私達と一緒に見つけていきましょう!




●少しでも気になることがございましたら、お気軽にお問合せください●
info-ss@medical-makeup.net

■カウンセリングの詳細・お問合せはこちら
カウンセリングの詳細はこちら→ https://www.medical-makeup.net/counseling/index.html

カウンセリングに関するお問合せはこちら→ https://www.medical-makeup.net/counseling/index.html

メディカルメイクアップアソシエーション 0120-122-042