1. TOP
  2. スタッフブログ
  3. 初めて知ることばかりでした
こんにちは!
銀座センターインストラクターの長尾です。

カウンセリングをさせて頂いているとこんなフレーズを
良く耳にします。


「初めて知りました」
「目からうろこです」

など、メイクアップ方法で今までにない体験をされたときに
出てくる率直なご感想ですね。


メディカルメイクアップの方法は、素肌が持つ色を真似するように
気になる皮膚変色の症状をカバーしていきますが、とても大切に
なるのが、その方の持つ「血色」の色合いです。

私たちは18色のファンデーションを用意しているので
様々な色の効果をご紹介するのですが

「オレンジを使えば濃い色も消せるんですよね?」とよく聞かれます。
きっと目にされた美容情報がオレンジ推しだったのだと思います。

しかし、必ずしもそうではない場合があります。

仮にお肌が黄味寄りでオレンジ色がなじむ系統で合っていれば
「その通り!」という答えになるのですが、

もしお肌が「青みのピンクがかった血色」を持つ方の場合
オレンジを使うと全くの逆効果で「色の濁り=くすみ」が発生し
効果なし!となるどころか、不自然な化粧感や違和感になる
場合も多いのです。

ちなみにこの方の血色はピンク系の赤みが正解です。
使用すると肌色が元気に見えて症状も「しっかり」隠れます。


お肌に合った血色は、カバーを行う時の強力な味方です。

特に大人の女性は元々の肌色の変化・血色の変化も年代で
ずいぶんと変わってきます。


「えっ?私は大丈夫かしら?」
「今の色でいいのかな?違和感あるかも・・・」 

と思われたらぜひお気軽にお問い合わせください。

カウンセリングは何回でも無料です。
私たちと一緒に「今の年齢や今の状況に合った肌色」をみつけて
快適なメイクアップをしていきましょう♪


下記は「血色」を加えることでカバー効果が激変したお客様のお声です。
「血色のことなんて初めて知りました!すごーい!」と
不思議そうに、また嬉しそうにカバーの練習をされておられました。


----------------------------------
 初めて知る事ばかりでした
 教えていただいた事、さっそく
 やってみたいと思います
 ありがとうございました

(母斑・顔・30代女性)
----------------------------------



意外とすぐできることばかりなので、
思ったより安価に簡単にできますよ。


カウンセリングでは、お客様のご要望やお気持ちに合わせて
ご自分でメイクアップがができるよう実践頂きながら
丁寧にご案内しております。


ご自分でメイクアップをするのが楽しくなる方法

お伝えしていきます♪

是非いらしてくださいね。



●少しでも気になることがございましたら、お気軽にお問合せください●
info-ss@medical-makeup.net

■カウンセリングの詳細・お問合せはこちら
カウンセリングの詳細はこちら→ https://www.medical-makeup.net/counseling/index.html

カウンセリングに関するお問合せはこちら→ https://www.medical-makeup.net/counseling/index.html

メディカルメイクアップアソシエーション 0120-122-042