1. TOP
  2. スタッフブログ
  3. シールドスプレーについて
こんにちは!

銀座センターインストラクターの長尾です。

マスク生活が始まってもう数か月になりますね。
ファンデーションがマスクへ色移りすることをきっかけに
「シールドスプレーは顔に使えますか?」というご質問を沢山お受けするようになりました。

答えは・・・ボディ専用なので残念ながらNGです!ごめんなさい!
(※シールドスプレーはアルコールを含むので、顔の薄い皮膚には刺激が強く
  粘膜付近にはしみる可能性もあります。また、クレンジングもしっかり
  行う必要があるため、お顔には適していません。)

では、どのような部位に適しているかというと

「衣類と摩擦が生じてファンデーションの色移りが気になる部位」
 ・「えりまわり」→ 首 デコルテ 背中
 ・「そでまわり」→ 手首 腕 指
 ・「すそまわり」→ 足首 足 

などなど、とにかく身体になります。


気温も高くなってきて、薄着になりデザインも露出が増えてきました。
暑いけれど、気になる症状を服で隠したいので夏でもハイネック、とか
絶対に長袖以外は着ません!など、よくお話を伺います。

わたくし自身もやけどの痕が顔、首、デコルテ、腕、手にありますが
とにかく一番最初に困っていたのが「えりまわり」でした。
何しろ暑くて汗もかくけど、真っ赤でボコボコのやけどの痕が見えるとまず
他人から「どうしたの~?」と心配されることがあって露出が嫌だったのです。
自分はいいけど、他の人の目に触れて違和感を感じられることが当時は悩みの種でした。

また、メディカルメイクをしても、そのファンデーションがえりまわりに
がっちり色移りをしていると、洋服を脱いで「あぁ 」と何度ため息をついていたでしょうか。

でも、今は違います!
露出したい部位の症状をしっかりとファンデーションでカバーしたあと、
フィニッシングパウダーで完全に仕上げてから、シールドスプレーを十分吹きかけ
がっちりとコーティング。コツとしては、スプレーの液が完全に乾いたら、
フィニッシングパウダーをもう一度さらっとつけるのです。
これでばっちり。

お仕事も白いジャケットの制服ですが、昔のような心配はなく、デコルテも適度に
あけて、自分の体感も見た目も暑苦しくないスタイルが自然にできるようになりました。

今年はマスクもしているぶん、余計に夏が暑く感じますね。
身体にファンデーションを使われていて、汚れてしまう方、
また、汚れるのを気にしてメイクアップにためらわれている方、
どうぞセンターのカウンセリングに試しに来てくださいね!

快適に夏を過ごしてまいりましょう。